1. Top

株式投資 配当に注目

資産形成の手段として株式投資をしている方もいると思います。
株式投資をしている場合、株価の値上がりで得られるリターン(キャピタルゲイン)と配当金の受け取りで得られるリターン(インカムゲイン)があります。
株価の値上がり益(キャピタルゲイン)が注目されがちですが、配当によるリターン(インカムゲイン)に注目してみることも重要です。
長期的な株式のリターンは配当の再投資によるリターンが大きいといわれています。
そうであるならば、高配当の株式銘柄をポートフォリオに加えることでリターンを高められる可能性もあるのではないでしょうか。

株式投資で、安定した配当を出し続ける企業の株式を保有していれば、相場が暴落したときのリスクヘッジになりえます。
そして、相場が上昇局面になったときには、ポートフォリオのリターンを加速させる働きも期待できます。

今では、高配当株式銘柄を集めた投資信託又は海外ETFも購入できますので、是非、活用したいですね。
高配当株式銘柄を選定する場合は日本国内の企業だけというわけではなく、世界の有力企業から選ぶのも一つの選択肢です。
その場合は、外国株式投資になりますので、為替変動リスクも加わりので注意も必要です。

今後も安定した配当を支払い続けるであろう企業の株式に投資していれば安定したインカムゲインが期待できますね。
そのような企業の株価が暴落してもそれは買い増しするチャンスでもあります。

株式銘柄株式投資インデックス外国株式インデックス長期投資
FXシグナル配信ソフト外国為替の動向



外国株式にも投資する

株式投資を考えるなら外国株式購入も考えるべきではないでしょうか。
外国株式投資には、日本国内株式投資にはない魅力があります。
日本国内企業のみの株式ポートフォリオの場合、やはり日本国内の経済状況に大きく左右されてしまうと思うからです。
世界の市場には高い経済成長を期待できる国や地域、そして安定して利益を出しているグローバル企業郡があります。
株式投資の範囲を世界に向けて、米国株やヨーロッパ諸国の株、成長が期待される中国株、ブラジル株、インド株なども検討して納得できれば外国株式を購入してもよいかもしれません。

今、注目されるていのが新興国市場です。
先進国と比較し、相対的に高い経済成長を遂げると考えられています。
巨大な人口を抱え、その中で高い経済成長を期待できるブラジル、ロシア、インド、中国(BRICs)などの新興国の株式市場が注目を集めています。
特に中国株、インド株、ブラジル株は人気を集めています。
新興国の株式は先進国の株式に比べて値動きが大きくなりがちなであり、またカントリーリスクが大きいなど様々なリスクがあるため、株式投資もさることながら、新興国債券投資、新興国通貨投資をする際にも注意が必要です。
そしてもう一つがグローバル企業郡の株式も魅力です。
新興諸国の市場の拡大によって、世界的にブランド価値を持つグローバル企業が恩恵を受けることも期待できそうです。
また、グローバル企業への株式投資は安定した配当も期待できそうです。

世界中のあらゆる地域の経済成長を株式のリターンで享受したいと考えれば外国株投資は必然です。
世界中の外国株式に投資することで、収益機会を逃さないのと同時に、幅広く分散投資することでリスクの低減も期待できます。

株式銘柄債券投資不動産投資お金儲け 副業
在宅副業お金を増やす在宅ワーク

外国株式投資を海外ETFを利用して投資する

外国株式投資には魅力ががたくさんありますが、ポートフォリオを構築したい場合は個別銘柄を購入していくのも大変なことです。
外国株購入方法は何も個別銘柄株式を購入することだけではなく、海外ETFを利用すれば小額から幅広い銘柄を同時に保有することが可能です。

幅広い国や地域や銘柄に分散投資し、ポートフォリオを構築したいという場合には、海外ETFという海外の証券取引所に上場されている投資信託を利用すると小額から幅広い分散投資で外国株購入ができとても便利です。

各国の株価指数に連動するETF(TOPIX連動型、中国A株連動型、ブラジルボスパペ指数連動型など)
インデックスファンドのように、日本や海外各国の株価指数に連動するタイプの海外ETFもあります。
株価指数は毎日ニュースなどでも報道され、値動きがわかりやすいのが特徴です。
特定の銘柄を選択するのではなく、市場全体の平均をとらえていきたい人に向いている株式投資のツールになりえます。

海外ETFは上場されていますから、透明性、流動性が高く、保有コストも一般の投資信託よりも低く設定されていることが多いのが特徴です。
海外ETFも銘柄も多岐にわたり、株式では米国株や中国株、ブラジル株といった国や地域の株式指数に連動する銘柄やエネルギーセクターや生活必需品セクターなどセクター指数に連動する銘柄もあります。

ETFは各市場の代表的な指数に連動しているため、個別銘柄より値動きがわかりやすく、投資先が明確で理解しやすい商品といえます。
また、特定の銘柄に投資が偏らず、投資信託のような分散効果を期待できます。
ETFには、主な取引手数料として、売買手数料と信託報酬がかかります。
信託報酬については、ETFは0.23~1.0%程度と投資信託より安いものが多いのも、大きな特徴のひとつです。
取引をする際は株式取引と同様の売買委託手数料がかかります。
ETFは証券取引所に上場されているため、株式と同じように、市場が開いている時間はリアルタイムの価格で売買が可能です。
また、株式投資と同じように、売買価格が指定できる指値で注文することも可能です。

外国債券投資お金持ちになる方法宝くじインデックス投資
米国債退職金運用米国株高配当老後資金副業



株式と債券を保有する資産運用

株式と債券は、価格の値上がりや配当や利息といったリターンが期待できる金融資産です。
株式と債券を同時に保有した場合、景気サイクルなどによって起こる価格変動による値動きの相関性が低くトータルでの価格変動をある程度抑えることが期待できます。
また、株式の配当や債券の利息はインカムゲインになるのでキャシュフローを生み出す資産としても期待できます。
値上がり益(キャピタルゲイン)狙いだけの場合、その資産を売却しなければ自分の利益にはなりません。
キャッシュフローを生み出す債券の利息や、安定した配当が期待できる株式銘柄は保有する価値があるのではないでしょうか。
また、国内株式や国内債券に限らず、米国株や中国株といった外国株式や米国債などの外国債券の保有も考えてみてもよいと思います。

株式投資や債券投資で分散投資をしてリスク分散を図りたいようであれば、多数の銘柄に投資する投資信託を購入するのも1つの方法です。
そして、その中でも幅広く外国株式銘柄や外国債券銘柄に投資している投資信託であれば世界中の市場から収益機会を逃さずに投資できるのではないでしょうか。

投資信託の中でも海外ETFといわれる、ニューヨーク証券取引所などの海外の証券取引所に上場されている投資信託を利用することで保有コストを抑え運用していくことができるのではないでしょうか。

外国債券を海外ETFで保有するメリットは、
定期的に利息が受け取れること。
小額から幅広い銘柄や償還時期の異なる債券を保有できること。
ETFは上場されている投資信託なので透明性や流動性が高いこと。
などがあります。
保有している外国債券海外ETFからの利息を再投資していけば利息が利息を生み出し、複利の力を味方につけることができるのではないでしょうか。
老後資金の形成に役立てられそうな金融資産として保有を考えてみてはいかがでしょう。
外国債券海外ETFは米ドル建てなど外貨建て金融商品なので為替変動リスクがあります。
利息の受け取りも米ドルなどの外貨での受け取りとなります。

米国債 購入退職金運用米国株 高配当老後資金必要額サラリーマン 副業
資産運用老後 貯蓄教育資金 準備老後資金運用ロト6 確率
新興国投資ロト6攻略外国債券投資


株式投資の魅力とメリット

株式価値向上

株式投資の最大の魅力は、値上がり益です。
株価の値上がりによって得る収益を「キャピタルゲイン」といいます。
預貯金は、安全性が高い反面、収益性には限度があります。預貯金にはない大きな収益が期待できる。ここが株式投資の大きな魅力です。
特に現在のように非常に金利の低い状況では、株式に目が向いて当然ともいえます。
どのようになれば利益が出るのか。単純にいえば、買ったときの株価より高くなったとき に売れば利益を得ることができます。
例えば、1株500円で買った株式が600円になれば100円の利益になります(実際には手数料や税金がかかります)。


株主配当

配当金とは、企業が1年間に稼いだ利益のなかから、株主に対して支払われるお金です。ただし、必ず支払われるというものではなく、会社が支払うと決めたときにだけ支払われます。
ですから、利益があっても支払わない会社や、利益がなくても支払う会社もあります。
なお、配当金で得る収益を「インカムゲイン」といいます。


株主優待

会社が株主に対して自社製品や優待券、サービス券等を無料で進呈することを株主優待といいます。デパートやファミリーレストラン、ファーストフード店なら割引券、食品会社なら自社製品、鉄道会社は回数券や全線パス、映画・劇場会社なら招待券や優待券といった具合です。