1. Top
  2. » 2037/10

株式と債券を保有する資産運用

株式と債券は、価格の値上がりや配当や利息といったリターンが期待できる金融資産です。
株式と債券を同時に保有した場合、景気サイクルなどによって起こる価格変動による値動きの相関性が低くトータルでの価格変動をある程度抑えることが期待できます。
また、株式の配当や債券の利息はインカムゲインになるのでキャシュフローを生み出す資産としても期待できます。
値上がり益(キャピタルゲイン)狙いだけの場合、その資産を売却しなければ自分の利益にはなりません。
キャッシュフローを生み出す債券の利息や、安定した配当が期待できる株式銘柄は保有する価値があるのではないでしょうか。
また、国内株式や国内債券に限らず、米国株や中国株といった外国株式や米国債などの外国債券の保有も考えてみてもよいと思います。

株式投資や債券投資で分散投資をしてリスク分散を図りたいようであれば、多数の銘柄に投資する投資信託を購入するのも1つの方法です。
そして、その中でも幅広く外国株式銘柄や外国債券銘柄に投資している投資信託であれば世界中の市場から収益機会を逃さずに投資できるのではないでしょうか。

投資信託の中でも海外ETFといわれる、ニューヨーク証券取引所などの海外の証券取引所に上場されている投資信託を利用することで保有コストを抑え運用していくことができるのではないでしょうか。

外国債券を海外ETFで保有するメリットは、
定期的に利息が受け取れること。
小額から幅広い銘柄や償還時期の異なる債券を保有できること。
ETFは上場されている投資信託なので透明性や流動性が高いこと。
などがあります。
保有している外国債券海外ETFからの利息を再投資していけば利息が利息を生み出し、複利の力を味方につけることができるのではないでしょうか。
老後資金の形成に役立てられそうな金融資産として保有を考えてみてはいかがでしょう。
外国債券海外ETFは米ドル建てなど外貨建て金融商品なので為替変動リスクがあります。
利息の受け取りも米ドルなどの外貨での受け取りとなります。

米国債 購入退職金運用米国株 高配当老後資金必要額サラリーマン 副業
資産運用老後 貯蓄教育資金 準備老後資金運用ロト6 確率
新興国投資ロト6攻略外国債券投資